親の介護

ショートステイ長期利用、父と母が一緒な施設に・・・

父も母もショートステイを活用するようになりましたが、方向が反対の別々の施設になります。

父と母が一緒な施設に入れるといいのにと思って一緒の施設に入ったのですが・・・

父と母が同じ施設に入所できました!

父と母が一緒の施設で長期のショートステイが出来るようになると一番良いのかと最初は思っていました。

父と母は、別々の施設でそれぞれ長期のショートステイをするようになったのですが、出来6れば同じ施設にショートステイできるようになると良いのではと思っていました。

なので母がいる施設に、父も入れるようにとケアマネージャーさんにお願いをしました。

何とか受け入れの審査も通り、無事に父も長期のショートステイすることが可能に!

しかもその施設では、基本的に男女は別々の部屋というルールーがあるのですが、夫婦なので特別に同じ部屋になるように取り計らってもらえました。

最も理想的なパターンになったと喜んでいたのですが、どうもそうではなかったことが、このあと発覚するのです。

実際にやってみるとうまくいきませんでした

もともと父がいた施設は十数人の小さな施設でしたので、ある程度の融通が利くので要望がわりと聞き入れてもらえたようです。

母が入っている施設は、大規模な施設なのでたくさんの人が入っておられ、個々の要望はきっちりしたルールーにより認められない場合が多いこともあり、それが父の不満をためることになりました。

入所者が多いこともあり、呼び出しコールが重なると対応しに来てもらうにも待ち時間が長くなることがしばしばあるのも不満をためる原因となりました。

その施設に不満を抱くと、すべてが悪く見えたり、思えるようになったみたいです。

入居者が多いと中には騒ぐ人も出てきます。

毎日騒がしい訳ではないですが、この施設は、騒がしいというイメージをもってしまったようです。

そんなこんなで、職員の方の対応もひどいと文句を言うようになりました。

毎週、着替えをもって訪問する訳ですが、施設に対する不満ばかりを口にして、ここはダメだとの一点張りです。

折角、夫婦水入らずで同じ部屋で毎日過ごすことができているのに、父の方は楽しくないようです。

父は別の施設に替わることに

残念でしたが、母と同じ施設に入所して1週間もたたないうちに、ケアマネージャーさんには元いた施設に戻れるように手配をしてもらうようにお願いしました。

母は今入っている施設に何の問題もなかったのでそのまま残ることになりました。

父だけ元の施設に逆戻りです。

これで父は、母にはなかなか会えないようになりますが、小規模のアットホームな施設が合うようで、この施設の文句は言わないようになりました。

やってみないとわからない

周りの人は、ほぼすべての人が父と母が同じ施設になってよかったと思っていたので、こんな結末になろうとは思っていませんでした。

どちらかがもっと体が動ければ別だったのかもしれませんが、父が要介護4で、母が要介護5という組み合わせなので、逆に一緒にいても何もできないので、ということもあったのかもしれません。

父、母が好む施設の環境は違っていたので、それぞれが好む施設で別々に過ごすのが良いのだということは、結局やってみないとわからないことでした。