親の介護

高齢者の父にとって、総合病院で複数科の受診は大変です。

父は体力も落ちて疲れやすくなっており、長時間、車椅子で座っているのが難しくなってきていました。

体のあちらこちらに不調が出てきたこともあり、病院では受診すべき診療科がどんどん増えていきました。

受診するまでの待ち時間が長いので、長時間車椅子に乗ったままで待たせるのが可愛そうになっておりました。

複数診療科の受診はきびしい

大きな総合病院は、待ち時間が長いのは当たり前ですが、できるだけ通院の回数を減らそうと思うと、1日で複数の診療科を受診することになります。

高齢者になると長時間座って待つのは、とても大変なことです。

泌尿器科、耳鼻咽喉科、神経内科など1日に3つの診療科を受けようと思うと、朝一番から行って帰ってくると午後3に4時にまでなることもしばしば。

90歳が近い高齢の父にとってはかなりの苦痛であり、いつも『まだかいな、まだかいな』というのを、もう少しガマンしてと言うしかなく、何度か諦めて帰ってまた次回に受診しようと思ったこともたくさんありました。

看護師さんにヘルプ

ある日の受診は、神経内科、脳外科、耳鼻咽喉科の3つの診療科を受診することになっていて、体力が落ちてしまった父には2つの診療科の受診が終わったところで限界に達していました。

最後の耳鼻咽喉科は諦めて、別の日に改めて受診するようにお願いして帰ろうかと思い、看護師さんにその旨を相談しようとしました。

すると看護師さんは、ベッドで横になって待つこともできることを教えてくださいました。

この疲労した状態で車に揺られて帰るのもつらいだろうと思い、別室のベッドで横になって休ませてもらうことにしました。

その別室はベッドが何台も置いてある部屋で、ベッドで横になって休んで待っていると、順番がくると呼びに来てもらえるようになっていました。

受診科によっては、ベッドで横になったまま先生に来てもらって診察してもらえることもあるようです。

実際のところ診察順番が来るまで、別室のベッドで1時間ちょっと休ませてもらい、父は眠っていたので体への負担は軽減されました。

これからは安心して受診できます

そんなことができるとは知らなかったので、父にはずいぶんガマンをさせたのは申し訳なかったと思います。

いままでは、かなり無理して複数の診療科を受診していたので、病院から帰ってくるとかなりぐったりの感じで、体調を崩すこともあったのですが、これからは安心して受診することができそうです。

病院はガマンして待つところと勝手に思い込んでいたのが悪かったんですね。

よくよく考えれば、病院は体の悪い、病気の人が行くところなので、そのような配慮があるのは当たり前のことかもしれませんね。